産後が重要!バストアップするためにする3つの事

自分のバストに合ったブラジャーを付ける事

出産した直後から授乳が終わるまでは、乳腺に悪影響を与えないためにも授乳用のブラジャーを着けるようにしましょう。通常のブラジャーを着けてしまうとどうしても締め付けてしまうため、乳腺に影響を及ぼしてしまいます。また授乳が終わった頃には通常のブラジャーに戻すようにしたいのですが、サイズに注意しておく必要があります。なぜなら出産前と出産後では、バストのサイズが変わっているためです。ブラジャーを着用する前に、しっかりと採寸して自分に合ったサイズのブラジャーを身に付けるようにしましょう。

バストが垂れないように筋トレをしよう!

バストの9割は脂肪で出来ているため、何もしないままでいると重力により垂れてきます。しかし胸を支えている大胸筋を鍛えると、胸が垂れてしまう事を防ぐ事が出来るのです。特に妊娠中は通常よりも運動が制限されるため、筋力が低下してしまいます。そのため胸も垂れてきてしまいます。美しい形を保つためにお、胸の揺れがない運動を行う必要があります。最も効果的な方法が、合掌のポーズです。背筋を伸ばして胸の前で手の平を合わせます。そして、行きをゆっくりと吐いていき、15秒かけながら中心に向かい左右均等に力を入れながら押し合っていく方法です。

バストアップい効く栄養素を積極的に摂取

バストアップには、バランスの取れた食事がとても重要になります。バストアップに効果的な栄養素は、タンパク質とビタミンAとビタミンEです。タンパク質は、体を生成する素となる重要な栄養素となります。そしてビタミンAは、タンパク質と結びつく事により肌の粘膜を強くしてくれます。バストにはハリを与える効果が期待出来ます。そしてビタミンEには、細胞の参加を抑制する働きがあるため、血流がよくなり乳腺を活性化する効果が期待出来るのです。

バストアップに矯正ブラジャーやストレッチを組み入れる人も多いかと。そんな時こそサプリメントを試してみてはいかがですか。プエラリアと大豆エキス配合サプリなら効率的に胸を大きくできます。