やっぱり美容整形!憧れの小顔を目指そう!

大きな顔がコンプレックス!

照明が乏しかった平安時代には、判別しやすかったからか白くて大きな顔が美人の条件だったなどといわれていますよね。時代とともに美人の条件は少しずつ変わっていくものの、大きな顔が美人といわれる時代はもしかして二度と来ないかもしれません。顔を小さくするには、小顔マッサージや小顔矯正、はたまた洋服の着方で顔を小さく見せる方法など実にさまざまなものがありますが、そんなことで太刀打ちできないのが骨ばった大きな顔でしょう。

もはや美容整形しかない!

骨自体が大きいといっても、実はその上には脂肪や筋肉が頑固に上乗せされていることも多いです。脂肪や筋肉であれば、ある程度はマッサージなどで少なくすることも可能ですが、やはり最終的には美容整形手術でカットしてしまう他有効な手段はありません。評判の良いクリニックの優秀なドクターであれば、脂肪と筋肉、そして骨の3つをどのようにカットすれば希望通りの小顔になれるかを熟知しているものです。憧れの小顔はもうすぐそこですよ!

無事に社会復帰しよう

しかし、脂肪にしろ、筋肉や骨にしろ、顔を削るとなれば術後には一定期間の療養が必要となります。もちろん薬は処方されるものの、ある程度の痛みがあるのはもちろんのこと、患部が腫れてしまうことから一定期間は人前に出られないという覚悟が必要です。この期間はダウンタイムと呼ばれています。会社であれば休暇をしっかり取り、遠方から受けに行くなら術後の経過観察期間も含めたホテルの予約が必要となります。でも、この期間をかわせばいよいよ社会復帰です。

膣縮小とは様々な原因でゆるんでしまった膣の入り口を小さくすることで、手術の時間も短く日帰りでの手術も可能です。